So-net無料ブログ作成

朝鮮総連 競売 再入札 落札者はモンゴルのファンド会社 北朝鮮とのつながりは!? [ニュース]



東京都千代田区にある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)
中央本部の土地・建物に関する再入札の結果を調べる開札(かいさつ)が
17日、東京地裁民事執行センターであり、
「アヴァール・リミテッド・ライアビリティー・カンパニー」が
入札の下限額を大幅に上回る50億1000万円で落札した。

落札者は、地裁から名称が発表されただけで詳細は不明だが、
関係者によると、モンゴルが関係するファンド管理会社の可能性がある。

地裁によると、再入札の下限額は今年3月に行われた
最初の入札と同じ約21億3400万円で、
今月3~10日の申込期間に2件の入札があった。
今後、地裁は落札者の資格を審査し、最終的に売却を許可するかどうか、
22日に決定する。その後、債権者の整理回収機構からの不服申し立てがなければ、
落札代金の納付を経て、土地・建物の所有権が落札者に移転する。

引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000454-yom-soci


ネットでは

・現金で支払い完了しないと、入札は完了しないよ。
期限までに支払えなかったら、供託金は没収で入札はやり直し。

・海外ねえ・・・・

・モンゴルかぁ。
 これまた微妙なところだなw

・モンゴルは親日国でもあるが北朝鮮の友好国でもあるからなぁ

・どうせトンネル会社だろ?

・適正価格30億だったのに
なんでまた上がってんだよ

・そうだよなLLCなんて名前ついてるのは
だいたい特定目的に設立されたファンドだから
 転売厨なんだろうが
 50億円は相場からしたら高いから
  どうするつもりなんだろうか。

・アバール・リミテッド・ライアビリティー・カンパニーは
 海外の事業体に使われる名称

落札者の本社や代表者が明らかにされてないのに
 騒ぐだけ無駄だろ(´・ω・`)


ということで、たいした情報は無かった^^;

でもモンゴルは親日国家だから大丈夫だろう、
という見方と、親日国家ではあるが北朝鮮とも
友好関係を築いているといわれ、もしかすると
そのまま北朝鮮側に売る目的で今回入札したのでは?
などの見方もある。

まぁ、どっちにしてもあんな大きな建物早く持ち主が
決まらないと落ち着かないよな^^;

管理人が言えることは前回の入札で落札できなかった
お坊さん、どうしてるんだろう・・・


以上!!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。