So-net無料ブログ作成

橋下氏ら訴えた弁護士の請求棄却 山口県光市の母子殺害事件 [ニュース]


以下、引用

山口県光市の母子殺害事件で死刑判決が確定した大月(旧姓・福田)孝行死刑囚(32)(犯行当時18歳)の弁護団だった弁護士19人が「テレビ番組で懲戒請求を呼びかけられ、名誉や人格を傷つけられた」として、大阪市長の橋下徹氏と読売テレビ(大阪市)に総額1億1550万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が30日、広島地裁であり、梅本圭一郎裁判長は弁護士側の請求を棄却した。

 訴状などによると、橋下氏は、市長就任前の2007年5月にテレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会」に出演。大月死刑囚が差し戻し控訴審で殺意について否認に転じたことを巡り、「弁護士が主張を組み立てたとしか考えられない」「許せないと思うなら懲戒請求を」と呼びかけた。この結果、19人には計約7700件の懲戒請求が寄せられた。

 橋下氏の発言を巡っては、07年9月に弁護団の弁護士4人が橋下氏を相手取って提訴。1、2審は橋下氏に損害賠償の支払いを命じたが、11年7月の最高裁判決は「配慮に欠ける軽率な言動だったが、違法とまでは言えない」と判断、橋下氏の逆転勝訴が確定した。

 19人は、2審判決後の09年11月に提訴した。
                               (読売新聞 )

ここまで

ローカル番組の発言でここまでの影響力・・・

さすが橋本氏というべきか、しかもこの発言、2007年のものっていうから当時はまだ
大阪府知事になる前?なったばかり?くらいのとき。

しかも相手は弁護士4人もいてこっちは1人でしょ?
自分で裁判闘ったんだろうか。
1審、2審は不利な状況で最高裁での逆転勝利ストーリーもかっこよすぎる><

今、国政でも頑張ってるけど、個人的に応援してるから是非日本のニューリーダーとして
がんばってほしいっす^^v

以上!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。